日本版 ナースプラクティショナーになるために

看護師「特定能力認証制度」 臨床にいる医療者も聞きなれない言葉だと思います。試行事業として開始されているこの制度への参加を目指し、日々の勉強や思ったことを書いていきたいと思います。
Posted by Takashi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Takashi   0 comments   0 trackback

どーしたエピネフリン!

「エピネフリン」皆さん使ってますか?そうです蘇生のときにつかう
ボスミンとかアドレナリンとかですよね。

ACLSの蘇生アルゴリズムに入ってさえいる薬剤ですが、実は少し前から
エピネフリンは良くないんじゃないの?という話が出ていました。

そして数年前から、世界中でかなり大規模なRCTが複数行われた結果、以下のような
結果が、多数報告されました。

①院外心停止でのエピネフリン投与は長期的な生命予後を改善しない。
②院外心停止でのエピネフリン投与は神経学的予後を改善しない。

正直、長期的な生命予後や、神経学的予後は、蘇生条件や蘇生後のケアで大きく
異なるため、一概に「エピネフリンは意味がない」ということに抵抗がありますが
大規模な研究の結果が示している事実は、無視できないですよね。

今度のACLS2015では、エピネフリンの推奨度が下がるかもしれません。

ただ新しいガイドラインが出るまでは、エピネフリンを投与するたびに、
モヤっとした気持になりそうです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://geji0202.blog.fc2.com/tb.php/6-2e37c08d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。